うえけんのTOEIC劇場

いかにして40歳からのやり直し英語にハマったのか?

40歳からのTOEIC 10年経過報告

 40代のTOEIC挑戦 430点→755点

 40歳からTOECのやり直し勉強をはじめたらどのくらい頑張れるのだろう。

 自分自身を実験台に、中高年のTOEICチャレンジをまとめてみた。

 40歳の時にTOEICレーニングをはじめて、現在、51歳。

 約10年経過したTOEICチャレンジの軌跡を振り返ってみたい。

 1.とっかかりはDS-TOEIC

 40歳のときまで、TOEICスコアの自己ベストは430点。

 これを取得したのは、30歳の時。

 ちょうど、会社での海外派遣の話があり、その時は英検2級対策を行っていた。

 力試しとして受けたTOEICは430点。

 それでも入社時(20歳代)で受けた初めてのTOEICに比べれば十分な進歩だ。

 転機となったのは、40歳。

 過労による体調不良による緊急入院。

 そこで、私の会社人間としてのキャリアは終焉を迎えた。

 なんとか無事に会社に復帰したものの、一線は退いたようだ。

 キャリアの一発逆転ホームランを図るべき、目を付けたのがTOEIC

 そこで、当時、子供たちが遊んでいた任天堂DSゲームに目を付けた。

 DS-TOEICという教育ソフトがあり、これを2年間続けた、

 また、高校時代にお世話になった英語の恩師との再会を通してモチベーションを上げていった。

 満を持してTOEICの本番試験の再チャレンジをしたのが44歳の時。

 この時のスコアは、595点。

 当時、目標としていた600点にはわずかに及ばす涙を飲んだ。

 その後、600点の壁が立ちはだかる。

 一時、英語学習の挫折をして、(それでも1年に一度はTOEICを受け)485点までスコアが落ちたこともある。

 TOEICとは距離を置こうと考えたものの、やはり英語を強味と言えるキャリアアップの夢はあきらめず、新たな戦略に打って出た。

 2.NHK入門実績ビジネス英語の活用

 とにかく、40代半ばの挫折を経て、少しでもいいから、毎日、英語の触れることをが必要と考えた。

 目をつけたのが、毎日15分ほどののNHKラジオ英語である。

 テキスト、そして、別冊音声CDを買い、とにかく、昼休み、毎日、英語を降れる環境に追い込んだ。

 さらに、ビジネス英語の無い週末は、TOEIC公式問題集をやることで、英語学習のリズムが生まれた。

 いわゆる、毎日、英語を勉強し、「勉強しないと気持ち悪い」という心境になった。

 3.朝活とアルク完全攻略コース

 NHKラジオ入門実践ビジネス英語を主軸に据えてから、ついにTOEIC600点の壁を打ち破ることに成功。

 そして、最終目的は、50歳までに、730点を突破することであった。

 一応、やりなおし英語を始めるにあたって、想定していたゴールがTOEIC730点。

 730点を獲得できれば、社内の語学研修や海外赴任の基準を達成できる。

 そこで、戦略的に730点獲得に向けて、最後の一手を打つ。

 毎日の勉強を昼のNHKラジオから、朝のTOEIC通信講座に切り替えた。

 職場で割引斡旋していた「アルクTOEIC完全攻略700点コース」を開始した。

 朝、起床時間を1時間早くして、1時間出勤時間を早めて、職場で実践した。

 朝活は、思いのほか、効果がでるようである。

 アルクの教材は、平日、約1時間で1課を完成するカリキュラムとなっている。

 7時半に会社に着き、始業時間の8時半までの約1時間、静かな事務所で、思う存分、TOEICレーニングが出来た。

 そして、48歳と11カ月で、TOEIC750点獲得。目標としていた730点をついにクリアしたのである。

 4.最後に…(TOEICは続くよいつまでも)

 現在、私は、TOEIC800点を目標としてトレーニングを続けている。

 教材は、アルク800点シリーズ、900点シリーズとスコアを上げている。

 残念ながら、アルクの効果はまだ出ていない。

 折しも、コロナ禍での在宅勤務、自己啓発研修ブームが吹き荒れている。

 この荒波の真っただ中にいる私。

 でも、コロナ禍になる10年も前から、英語能力の必要性を感じて、TOEIC対策に着手してきたので、私の中に、焦りや後悔はない。

 手の届きそうで届かない目標は800点。

 40歳からのTOEICの挑戦はまだまだ続く…。