うえけんのTOEIC劇場

いかにして40歳からのやり直し英語にハマったのか?

つぶしが効く英語

 セカンドキャリアの必須スキル

 「英語はつぶしができるから良いよね」

 「子供には英語をいつも勧めています」

 そろそろ定年退職準備をする年齢になった私のメンター(N先輩)からの言葉。

 私が英語の勉強をやる理由でもある。

 N先輩とは違う点があるとすれば、英語を「子供に勧める」のではなく「自分でやる」ということ。

 実際に、40代になって腰を据えてから英語に取り組み、仕事や趣味の生活が好転したといっても過言ではない。

 英語はつぶしが効く。

 英語を勉強するメリットは、

 ・どこへ行っても重宝される

 ・指標が公平公正である

 ・希少価値がある

 ということに尽きる。

 今回は、この三点を深堀りしていく。

 1.ポータブルスキルとしての英語

 昨年度までの2年間、英語を使う職場に配属されていた。

 私は残留を望んだものの、英語とは一見無縁な部署に配置換えになった。

 ところが、この「英語に無縁な部署」のほうが、実は、英語スキルが生かせる職場であることにこの頃気が付いた。

 つまり、今の職場では「英語を使う職場」ではないからこそ、「英語ができる人材」がとても重宝されるのである。

 英文書類による情報分析や、不意に訪れる外国人との意思疎通。

 そんな状況になると、ワラをもすがる思いで、私の英語力をアテにされるのである。

 つまり、英語とは、持ち運びに便利なスキルである。

 いったん身に付いてしまえば、出来て損ということはない。

 「英語を使う職場」では、皆が英語を使うので、できて当たり前という世界であったが、まだまだ世の中には「英語ができる人がいるとありがたい」という職場が多い。

 ここに、英語を勉強するメリットのヒントがあると思われる。

 2.英語能力の公平公正さ

 英語資格と仕事能力とは関係ないかもしれない。

 けれども、英語ができる人と思われるためには、TOEICや英検でそれなりの成績を収めた方がいい。

 英語力の指標は、TOEICにせよ英検にせよ結果がすべてである。

 スコアの実力がモノをいう世界である。

 上司の意向(勤務評定)や派閥の力学とは関係がないし、TOEIC730点の実力は、誰の元で働こうが廃るものではない。

 資格にとらわれ過ぎることはないけれど、一定の有資格者が使う英語と、そうでない人が使う英語。

 どちらの方が説得力があるかといえば、おのずと答えはわかるはずである。

 TOEICにせよ英検にせよ、英語の資格は、何人にも門戸が開かれている。

 語学研修に関しては、上司やその時の部署による人的裁量がある。

 けれども公開テストではれば、仕事の都合が許す限り誰も止めることができない。

 私も「英語研修」とは無縁の20代、30代を過ごしてきた。

 涼しい顔をして英語研修に選抜された輩たち。

 そんな奴らには負けられない、いつかギャフンと言わせてやりたい。

 そんな思いから、「研修を受けずに身銭を切って勉強してきた」からこそ、今の自分があると自負している。

 英語能力の査定は、性別や経験を問わず、公平公正である。

 だからこそチカラをいえるべきだと思う。

 3.英語ができるという希少性

 英語の勉強をしていて驚くのは、これだけメリットがあるのに、英語ができる人が少ないということである。

 私も何人からも英語の勉強の相談を受けたが、挫折する人が多い。

 英語は、やればやるだけ結果がついてるので、やって損がないと思う。

 英語ができない人が多いのは実に不思議なことである。

 逆の意味を返せば、それだけ英語をやるという決断をしたら、英語ができることがチャンスということを知ってもらいたい。

 私も40歳の時、病気を患い失意のドン底を味わった。

 そんな時、英語をやり直すことで、なんとか最前線へと浮上した。

 努力は決して裏切らない。

 AI自動翻訳機や「聞くだけでペラペラ英語がしゃべれる」に頼る人が多くなれば多くなるほど、真に英語ができるが重宝されるのである。

 もちろん、自分は「英語ができる人材」であるという自覚がない。

 けれども、実際の職場で英語に関して頼られることがある。

 自分のポジションが明確になり、周りから信頼されるようになる。

 ギブ・アンド・テイクの発想になり、誰かに与えた恩は、めぐりめぐって自分に返ってくる。

 英語というのは、なかなか上達しない地味な勉強である。

 だからこそ、そこに希少価値があるのだ。

 だれでも簡単に習得できれば、そこの価値がない。

 英語の人材が重宝されるのは、誰もが習得でいるわけではないからである。

 がんばり甲斐がある理由がそこにある。

 4.まとめ(つぶしが効く英語)

 英語はつぶしが効くスキルである。

 パソコンに強い人が、どこの職場でも重宝されるように英語も同じことが言える。

 まず英語ができるようになると仕事のブレがなくなる。

 自分の「出番」が読むことができる。

 そして、やりたい仕事や希望する部署が明確になってくる。

 迷いのないことは「強み」である。

 だからこそ、英語をやると覚悟を決めたら、とことんこだわってもらいたい。